小学校入学直前の春休みに買ってあげたものです

中学に入学する

著者はじつはハワイで結婚式を挙げたのだが、そのとき牧師から幸福な結婚生活のための十カ条
という紙片を頂いた。その十カ条の中の一つに共感と支援を相手に示しなさいというのがあげられていたのだが、そのためには、「相手の考えや気持ちを理解する努力をし、言葉だけでなく、手を握ったり肩を抱いたり、相手に優しく触れることで思いやりを示しましょう」とあったのだ確かにアメリカの映画やホームドラマなどでは、年老いた夫婦でも手をつないだり肩を抱いたりして歩いている。この文はいかにもアメリカらしい条文だなあ、と思ったものである。
一方、日本では、夫婦も長年連れ添っていくうちに、愛の言葉も少なくなり、スキンシップもなくなってくる。

  • 子どもは自立できません。
  • 母さんのいない
  • 大学受験とは違い

高校になる言葉で愛情や共感、支え合いの気持ちを伝えるのさえ、照れくさくなってくる。むしろそのようなことをしないで、以心伝心、お互いに空気のような存在になることが良い夫婦だと思われてさえいたしかし時代は変わり、女性も男性と対等に仕事をする時代である。女性の意識は格段に高まっている。
昔のような唯我独尊の亭主関白では通用しないだろう。どうすればよいか。
夫婦でもさりげないスキンシップならできるだろう。たとえば日々の暮らしの中で、いろいろとよくやってくれてありがとうと伝えるのに、優しく肩を抱いてみる。また、夫が仕事から帰ったときに、妻はたまには肩を叩いたり、全身をマッサージしてあげる、というのも非常に有効だろう。
お返しに、夫から凄に、肩叩きやマッサージをしてあげることも忘れてはならない。マッサージをしてあげている中で、相手をいとおしく思う気持ち、思いやりや慈しみの感情が、昔のように湧いてくるはずである。行動をすることで心の状態が変わる、ということを必ず実感できるだろう。逆に、行動なくしては、心の状態は変わらないのであるまずは行動を変えてみることだ。adidas originals パーカー

 

子どもからいろいろと教わることができます

人間関係を変えるのには、相手の行動をコントロールしようとするのではなく、まずは自分の行動を変えてみることが基本になる
スキンシップに無関心な男子学生11年に、大学生とその親を対象に行なった最も印象に残るスキンシップについての調査の中で、ある大学生の母親は夫との関係について次のように書いていた。
「長い結婚生活の中で、夫のちょっとした優しさに深い感動を覚えます。坂を登るときに差し伸べてくれる手自分で揉んでいる肩を、そっと後ろから揉んでくれる手そんな小さな優しい気持ちに、深く感動するのです」
女性はさりげないスキンシップを望んでいる。
そのことで夫からの優しさや愛情を確認しているのである。
父親なのだ。
勉強のための時間割が多すぎます。
この、印象に残るスキンシップについての調査で、大学生が書いたものを読んでいくと、女子学生の方がスキンシップについて遥かに深い問題意識をもっており、また触れ合ったときの気持ちを細かく記憶していることがわかった。
たとえば、女性は恋人に抱きしめられて嬉しかったこと大学の合格発表で母親と抱き合って喜んだこと介護実習で老人と触れ合ったことなどの、さまざまな場面における触れ合いの記述が豊富にみられた反対に男子学生の方には、これといった具体的な記述は皆無だった。確かに男性は、触れる経験自体が、女性よりも少ないかもしれない。しかし、男性の側にも、女性を抱きしめたり手をつないだりした経験など、その相手の女性と同じ数だけあるはずなのに、ほとんど何も書かれていなかったのだ。女性が感じたであろう感動を男性は感じなかったのか、少なくとも記憶に残るほどのインパクトはなかったのだろう。

 

才能があるんだ

これには驚いた次第である欧米では、ここ数十年の間に、性に関する行動に対しては社会的な制約がゆるみ、恋人や夫婦が性的なスキンシップをすることは、映像メディアのみならず日常場面においても、容易なことになってきた。
ところがそれとは逆に、性的なニュアンスを含まないスキンシップは減少しているという。アメリカの多くの学校では、先生が生徒に触れることは法律で禁止されている。カウンセラーやセラピストがクライアントに触れることも、多くの学派では倫理的に禁止されている。州によっては、子どもと一緒にお風呂に入ったりプロレスごっこをするだけで、虐待だと扱われることさえあるという。
実際にあったことだそうだが、ある日本人の父親が子どもとプロレスごっこをしていたときの写真を現像してもらったところ写真屋の店主が警察に通報し、この父親は逮捕されてしまったそうだ。

子どもの選択を感覚的に正しいと信じ

特にアメリカでは、児童虐待が深刻な問題となっているため、社会全体が過敏にならざるを得ないという事情もあるようである

自分を
なでなでする

セルフタッチは不安やストレスのサインここまで、誰かに触れ-触れられるという、他人との間のスキンシップとその効用についてみてきた一方で、自分の皮膚感覚というのは、自分一人でも有用な刺激を加えたり鍛えたりできるものだろうか。


adidas originals パーカー 教育者にはティーチングプロの自覚が必要 教育者にはティーチングプロの自覚が必要