両親も教師

子どもは片づけよりも遊びの方がやっぱり好き

せいぜい月給10万円と足代を払うぐらいで、それはもう週に三日なら三日、午前中はいままでどおりの先生で、午後からの時間をそういう人が必ず受け持って、ずっと一年生から三年生ぐらいまでの間社会勉強をやってくれたら、その人自身も生き甲斐を感じるし、一生懸命になってやってくれます子どもだって、そういう人たちの話を聞いたらおもしろいと思うでしょう。海外で暮らしていた人には外国のいろんな話をしてもらう。アメリカではこうやっているとか、映画とか写真を見せながら。理科系の先生には、いろいろと実験をしてもらう。音楽の先生はすばらしい演奏を聴かせる。そうすると生徒はみんな他の授業よりも興味を持つ。そういうことに興味を持ち出したら、今度は勉強の方もおもしろくなってくるんです。
理科とか数学といっても、いままでとは観点が全然違うから、勉強しようか、ということになってくると思うんです。
指導していた。

人はたくさんいるし、費用はあまり要らないし、後は実行を決心するだけだと思いますでも結局、旧文部省が犯した大罪というのは、やはり教職員組合とか教師を労働者のひとりであるとする考え友先生を敬うとかそういう心の問題を自ら放棄するような考え方を容認したわけではないんでしょうけど、要するにそれをはっきりと押さえ込めなかったために、日本の国の教育をここまで荒廃させたことです。最大の責任は、やはり政治·行政にあると思います私たちが子どものときは、大臣が並んだ写真で、文部大臣は必ず総理大臣の横にいました。
いまから
思うと、法務大臣と文部大臣は副総理格だった。ほかにもいろいろ、商工大臣とか農業大臣などもいましたが、旧文部省というのは一番格の高い省だったんです。それがだんだんだんだんと格が下がり、そのうえ教育を生涯の仕事にしようとする使命感を持った大臣が現われなかった。
しかし最近になって、ようやく政治の世界にも変化が起こり、社会の価値観も変わって、こんな教育をしていたらダメだということがだんだんと分かってきた。

  • いじめて嬉しいの?
  • 高校一年生になって
  • 子どもの中でわが子がどう

教育もそのときに始まらなくてはならないはずだ。

それで親も一流大学へ子どもを入れるだけが能じゃない、ということを感じ始め出した。文部科学大臣も教育だけではなく、子どもの命も守る責任が出てきた。学校や教室に閉じこもるのではなく、地域や社会と手をつないで教育をする大切さが叫ばれている。
いままさに、私が提案するシルバーティーチャー制度について、真剣に考えてもらいたいと思う。
これがティーチングプロの極意
評価には減点評価と加点評価があるのですが、ような気がするのです実は、親も子どもをいつの間にか減点評価で見ている社会全体が人間を減点評価で見ています。
褒める
いま、ところが加点評価はプラス面で公平な評価をする以外にも、のせる
ことによって、その人間により活力を与える効果も大きいと思いますつまり、うまくのせて、一のことでも三と言ってやることによって、ああ、お母さんもお父さんもあれだけ言ってくれた、あるいは先生がこんなに褒めてくれた。
子どもは自分の存在を否定されたように感じて
個性として
よーし、もっと頑張ろう
という気になってくれることを期待するわけです。
だから加点というのは、その人が何かアクションを起こすということが前提ですけれど、起こしたアクションが未来に向かって、その人の可能性をどれだけ引き出せるのかということも含めて、あると思います。
同じパターンで同じように人を評価していくときに、常に難しいんです加点評価というのは、評価する側にとっては非単に売り上げがこれだけ上がってけがこういう数字になったから、これだけ加点するというのは割合簡単なんですが、この人がこういうアクション起こすことによって、お客さんが我が社に信頼をおいてくれた。母さんは見逃しませんでした。

子どもの関係についての話

きっとこれから先、あのお客さんは我が社へ多くの注文をくれるであろうというのが、本来企業としては欲しいわけです。しかし、それはなかなか評価が難しいのですけれど減点の方は、あいつ、あんな失敗して会社にいくら損害を与えたというように、それはすぐに結果として出ます。だから、評価する人にとっては、さらに上の人がそれを見たときに何でこんなに評価低いのやと言ったら、いや、これはこうやってこうやってこうやって、もう減点五ですわと簡単に説明できる。しかし、加点五といえばおい、あいつ、そんなとこまでやったのか?と言っても、「いやいや、それはやったと言うよりは、これだけお客さんと、うまく人間関係ができましたので、これは将来うまく行くはずなので加点しました」
大学の途中で志を立ててイギリスに渡母さんは見逃しませんでした。

母さんは見逃しませんでした。

ということになる加点評価の場合は加点した人がそこから自分がリスクを背負わなければならない。だから加点評価するのを嫌がるんです。減点の方が、どうしてもちゃんとした筋があるので容易ですが、加点評価は慎重にならざるを得ないのです加点部分をどうみるかということで、視点の変化ということを求められているわけです。悪いところならすぐ書けるもので、例えばこの部屋に入ってきたときの態度が悪いとか、いつも何かもうひとつきちんとしておらんとか、悪いのはパッパッパッパーツと書けるんです。