子どもなりお手伝いさんか誰かが代行して

母に課せられたのは四人

要するに、一流大学に入るという目的だけに全てをかけるようになってしまった。
ちょうど目的と手段が、戦前と戦後で、全くひっくり返ってしまったのです。だから、子どもはみんないい大学へ行きなさいとばっかり親から言われるわけです。「あなたは幸福な人生を送りなさい。
そのためには、自分のほんとうにやりたいことを見つけて、自分の最も得意とするところを活かせる仕事を選びなさい」などと言う親は、ほとんどいないのです。
しかし親は、ほんとうは子どもの幸福を心から願ってるわけです。しかし親の考える幸福というのは「大企業のサラリーマンになるか高級官僚になれば生活も安定する。それがあなたの幸福だ」

母さんのやっていることが見本となります。という前提がまずあるために、では、そのためには何をするかというと、一流大学へ入りなさいとなる。だから一流大学に入ることが目的化されてしまったということです。
そうすると、妙な大学入学試験をして、頭でっかちの変な子どもばかりつくって、社会へ送り出すそれが採用したところ、企業にとってこの大学の卒業生なんか何の役にも立たんじゃないかということになったら、教育という面における一流大学の評価というのはガサッと下がってしまう。

  • 子どもたちも例外ではありません。
  • 中学で不登校を続けていたわが長男は今はとにもかく
  • 教育をめざすなら私は日本

勉強のことはいつ

子どもにはその年齢に応じていまや東大なんていうのはもう、我々産業界にとっては、特別な大学とも何とも思ってないだから大学は何のためにあるのかというと、は誰も言い切れなかったのです。
ほんとぅは手段としてあるべきなのを、なかなかそうと戦前の日本人は平均的に貧乏だったし、やりたいこともそうなかなか簡単にやれなかった。
よし、自分はひとつこういうような仕事をしてやるとか、こういう人間になりたいとか、ろ自分の目標を立てて、自己実現のために努力をしてきたそれでいろい
しかし戦後の日本人というのは、だんだんといま言ったような1つのレールに乗ってしまったら、もうそれで道徳的に悪いことさえしなければ、その人の六十歳までの人生というのは、ほとんど工程表が決まってしまったんです。

父親としてどんな言動をとることができるだから個の存在というものがほとんど必要ではなかったし、またそういう個の存在というものを自ら求めようともしなかったというようなことでしょう。
ですから、伸び伸びと子どもを育てるというよりも、いまの親は、幼稚園に入るときから有名な小学校に入るための幼稚園であり、小学校は有名な中学校に入るためのものでありというふうに、もっとにかく子どもの意見はほとんど聞くことはありません。

一流大学の卒業生に品質保証書は付いていない

戦後、何もなくなったところから、とにかくみんなで頑張って、何とか日本を盛り立てていこうというときは目的がはっきりしてたし、その路線をいかに効率よく持ち上げていこうかという処方箋も決まっていたので、一人ひとりの人間が独自の考えを出して、いろいろやるなどということは、あまり必要なかったと思うのです例えば、米をつくれと言ったら、分かったと言って米をつくる。

先生の学歴を調べて

肥料をつくれと言ったら、肥料をつくるには硫安が必要なので硫安をつくれとなる。みんながよく分かっているんです。そして今度は家庭電化製品。テレビが欲しい、冷蔵庫が欲しい、扇風機が欲しい……、すべてもう分かってるんですですからあんまり難しいことを言わなくてもマーケットは絶対にある。そのための技術がなければ、アメリカからもらってくればいい。それを忠実にやる。もうこれでいいんです。
りゅうあんストーリーが分かっていたので、そのときはそれでよかったのです。マニュアルが決まっていて、れをピチッとやっていけば必ず成功した。逆に言うと、マニュアルどおりに生きるのが嫌いな人は、部落ちこぼれになっていったわけなんです。

母親から引き離される

母さんが用意しておいたケーキやお茶のおかわそ全それが、だんだんと生活が安定して日本人全体が中流化し、さらにいわゆるバブルが崩壊した後は特にひどいのですが、もうマニュアルなんてなくなってしまった。要するに、いままで一生懸命やってた人が、いままでどおりに一生懸命やっても少しも誰からも評価されることもないし、マーケットもどんどん変わっていく。それでみんながこれはえらいこっちゃとなり、一流大学出たって、何の保証もないじゃないかっていうところへ、いま来てると思うんです。


母さんのやっていることが見本となります。 子どもだからできない 子どもだけでなく大人の誰

子どもだけでなく大人の誰

高校への通学

また、ポインターとかセッターという猟犬がいますが、おじいさん·おばあさん、お父さん·お母さんの血統が良ければこれから産まれてくる子どもの能力や価値はだいたい決まってしまうわけです。競馬のサラブレッドも同様です。中には、一0匹に1匹とか110匹に1匹の割合で出来の悪いのも出てくるんだけど、まず確率的に言うと、九〇パーセントが血統で決まってしまうのです。
ところが人間の場合は、血統なんかは全然当てにならない。ノーベル賞もらった人の息子がみんな賢いかというと、平均以下だったり、ミスユニバースの娘がみんな綺麗かというと、たいしてそうでもなかったり、そんなことが多々ある。
このあいだ発表されたヒトゲノム計画の成果で、ショウジョウバエと人間の遺伝子の数は倍ぐらいしか違わないと知って、私はちょっとショックを受けたのです。

才能や素質をじゅうぶんに発揮しかし、遺伝子は組み合わせの問題ですから、人間の場合はあまりにも遺伝子の組み合わせが多すぎるので、基本の数としてはきっと、動物的に見たときにはそう差がないだけなのかもしれないけれど……。
美人とか不美人とか言ったって、右の目が1ミリ上がって左の目が1ミリ下がったら、これはもう変な顔鼻が数ミリ上向いただけで、もう変な顔になります。非常にデリケートだからなんでしょうけれども、人間性というものは、このような血統だけで決まるものではありません。

  • 子どもについて
  • 子ども服やおもちゃ幼児
  • 学校の検査で虫歯なんてなかったもん!

育ててきた無農薬のお茶がありました。

母親として責任は持てませんからね。成長プロセスで出会うさまざまな経験によって、その人らしさはつくられていくのです。それ故に、教育が大切だと思うのです。しかも小さいときからの教育が特に大切なのです。

小学生からの一貫教育がベンチャー魂を育てる

いま、これまでよしとされていた教育によって問題なく育ってきたよい子を、社会や企業が望まなくなってきて、そしていままで「変わった奴やな。何かおかしなことばっかりやっとる。先生も手を焼いてるし、親も手を焼いてる」というような人間が、ぼつぼつベンチャーですごい仕事をやり始めているそのような人間が、だんだんマジョリティーになってきて、これまでの教育で育ってきた人間が、社会や企業の役に立たないということが認識されるまでは、いくら教育を変えろと口で言っても、私は世の中というのはなかなか変わらないと思うんです。

子どもたちの日常と思いあきらめている親そこで、私には教育改革をやるという意気込みがありまして、数年前から、いわゆるアントレプレナー教育と題して新しいカリキュラムをつくり、もっとベンチャー精神の旺盛な子どもを育てていきたいと考えていますただそこで、教育委員会との考え方が違うのは、私は小学校から一貫して私の考える教育をやらない限り、ベンチャー精神旺盛な子どもは育たないと言っているのですが、それにはいろんな問題があるらしい。教育委員会は、私の意見に反対してるわけではないけれど、教育改革のポイントを高校に置いているんです。高校もいわゆる工業高校とか、商業高校なんかを対象にやりたいという。卒業後すぐに社会に出るから、そういう人にベンチャー精神を植えつけようという考えなんです私はそれが意味のないことだとは言わないけれど、しかし、やはり小学校から一貫した教育じゃないといけないと思っている。

子供のほうが人のことを尊重する今

もちろん、最近の工業高校とか商業高校というのは、卒業してすぐ社会に出るとは限らず、大学に進学する子どもも多いんです。ですから、単なる進学校だけではないということで、それはすごく良いことだと思います専門的な教育を受けている内に、もっと勉強したいから大学へ進学したいと言う人もいるだろうし、いやぁ、この辺で実社会に出て働きたいと言う人もいるでしょう。これが普通高校になると、ある程度の専門的なものが身に付いてないから、すぐ実社会に出るにはちょっと問題がある。

母親はこどもの言葉

先生合わないよ。案外、工業高校とか商業高校のようなところで勉強しながら、その先の進路を大学へ行くか、社会へ出るかを決めていくというのは、その人の将来の人生を考えるのにいいんじゃないかと思ってるんですが、ベンチャー精神を身につけるのは、やはり小学校からの一貫した指導ぬきでは、なかなか実現しません。
たどですから、この議論をずーっと!ていくと、幸福論になる。親はほんとうに子どもの幸福を願っているのか。その幸福とは何ぞや、ということです。やはり有名大企業のサラリーマンになるか、高級官僚になるのがいいのかということです。


才能や素質をじゅうぶんに発揮 バレエ教室はプロの自覚が必要 練習を続けないと夢を実現できなかったことを知る

母が言ったこのひと言でずいぶん

子どもは実感するでしょう。

子供たちが帰り道を歩いている
そしてもうひとつが、親自身のプライドなのです。うちの子は00大学に行ってると言うと、まあ、お宅のお子さん優秀ですのね!と、まわりから言って欲しいという自分の虚栄で、親が子どもの進学率をどんどん上げていった、しかも一流大そして、そういうことをある程度認識しながら、何も改革しなかった現場の先生にも罪がある。けれど、一番の大罪を持っているのは、そういうものを安易に受け入れるというか、それが社会のニーズであると思っていた政治家や行政ですところが、いまや時代は変わりました。いまでは、一流大学を出たからその人は必ず幸福になれるというようなことは全くなくなったし、それから官僚高級官僚になったからいい人生を送れるという保証もないし、いい企業に入ったからといって、いつどうなるか分からんしということになってきて、社会全体が、一人ひとりの人間というものの能力というかアビリティというか、そういうものこそ大切であって、肩書きの重さというのは、だんだん軽くなっていくという時代に入ったことは、みんな薄々感じてると思うんです。
小学校入学直前の春休みに買ってあげたものです

勉強もあります。
では、どうしたらいいのかということが議論され、大学入試制度こそが問題だと分かっていても、その改革に親も踏み切れていないし、学校も踏み切ってない。
教育改革、教育改革と森首相の時代には叫ばれ、早く教育方式をやり直すべきだというのは正しかったと思うのですが、口では言うものの、今度の文部科学省が打ち出した、ゆとり教育でよく話題になる円周率をおおよそ三にするとかいうのは、私の考えてる教育改革とは全く別の方向に進んでるわけです。この認識の違いに対して、やはりどこかで警鐘を鳴らさなければならないと思ってるんです。

幼児期に楽しみながら勉強させろ

教育改革は、私は幼児教育から始めるべきだと思うんです。非常にはっきりしているのは、人間はだいたい111歳ぐらいのときに、まず第一段階として、動物としての本能的なものとか、自分が生物であるという基本的な認識を自覚するわけです。

子どもを助けてくれないそうはいって

それから七歳から八歳にかけて、その人の将来の基本となるモラルみたいなものとか、あるいは五感、つまり、見るとか聞くとか味覚とか皮膚感覚とか、そういうものがそこである程度固まるわけです。
要するに、その時期に基本的なことをやっておかないと、歳とってからというのは-私が歳とってからというのは、十歳を越えてということなのですが-ものすごくしんどい。いわんや二十歳を過ぎてからやるなんていうのは、もうほんとうに苦になるだけです。
一番いい例が、外国語なんです。私の会社は、世界各地に子会社とか関連会社があります。そこへ転勤になった社員の子どもには、幼児も小学生も、中·高生もいる。しかし、行って一番早く現地に馴染むのは、二、三歳の子どもです。これは行った明くる日から現地の子と遊んでる。そして五、六歳の子どもは、1カ月も経つと、日常の会話はほとんど通じるんです。
なじ可哀相なのはお父さんとお母さん。転勤前に半年間、もう詰め込みで、行き先の国の言葉の勉強をして行く。けれど現地に行って買い物をしても、もう何を言ってるのかさっぱり分からない。すると、その小学校1年ぐらいの子どもがこう言ってるよ。
母親の姿をイメージさせてきました。

父親は中国の山の中で生まれて日本に出稼ぎに来た。

これよりこっちの方がいいって
とか、これはすごくおいしいって言ってるよなどと、親の通訳をしてくれるそのとき、その二、三歳の子にしても、五、六歳の子にしても、私はこれから英語を勉強するとか、Rとしの発音の違いは片方は舌を巻くとか、これはサイレントだけど最後に破裂音が出るなんて、そんな発音や発声法とかは全然考えていない。ワァーッと、現地の子どもと遊びながら自然に通じるようになっていくんです。大人になってからでは、英語のレッスンなんて大変です。
そう考えていくと、勉強というのは一体何なのかと思うわけです。普通勉強しなさいと言って、勉強が終わったら、大変だったね、ケーキと紅茶でもお上がりと、母親が一生懸命介抱してやってる。

子どものころにつけておけば将来

これはもう親にとっても子どもにとっても苦行ですね、おかしいと思う。
このように小さいときに身について基礎になるもの……例えば、音感もそうです。指揮者のカラヤンは、LPレコードを回して、三三回転と三三回転三分の一の回転数が違うと、これ違うって瞬間的に分かった。あんなもの二十歳や三十歳になってからいくら聞いたって、その差なんて分かりません。しかし、小さいときから音感教育をしてたら、周波数のO.何サイクルの差というのは分かってしまうんです。味でもみんなそうです。
だから、やはり幼児期に、ほんとうに基礎になるものをちゃんと教育してやる。しかも、それを苦ではなく楽しみながらやらせていく。
子どもだからできない

先生について

それには、親が問題になるんです。二歳、三歳の幼児というのは親が教育するしかしょうがない。そうすると、親のやる気によって子どもの能力は決まっていくことになるんです人間と他の動物のどこが違うかと言うと、もちろん動物の親も子どもを教育しますが、動物の場合は原始動物ほど先天的な遺伝の占める割合が高いんです。つまり、生まれてから後の教育による能力は全体の能力からしたら小さい反面、高級動物ほど先天的よりも後天的によるものが多い。これが教育というものなんです。
その証拠に、アミーバーみたいなものだったら、親子の区別は全くつきません。

    1. 子どものペースにのまれますね。
    1. いじめは今のように陰湿ではなかった。
    1. 先生がテープで何回も強調してくださっているよう