教育者にはティーチングプロの自覚が必要

子どもにわからせることが大切です

母親が動き
そしてまた、自分の身体の無意識的な動きや感覚を客観的に見ることで、自分をよりよく知ることはできるのだろうか
まずは、自分で自分に触れることの意味、そして効果についてみてみよう人は不安や緊張が高まったり、困惑したりすると、たり、鼻の下をこすったり、頬をなでたりする。
自分の体に触ることが多い。
首の後ろをさすっもともとセルフタッチは、新生児が自分の身体を認識するための行為である。新生児は起きている時間の実に二〇%は、手を顔や口にもっていく。また生まれる前の胎児の段階から、すでに、指しゃぶりをしたり手で顔に触れたりしている。
セルフタッチの面白いところは、たとえば手で顔に触ることは、手と顔の皮膚の両方を刺激しているというところにある。このように、手の運動感覚の体験とそれによる顔の触覚の知覚が結びつくことによって、自分の身体を同定しているのであるそれでは、どのような場面でセルフタッチが多く出現するのだろうか。
教育者にはティーチングプロの自覚が必要

子どもも真剣にそのことばをとらえて
心理学者のゴールドバーグらは一九八六年、面接場面で、被験者にプライベートな質問をして不安を喚起させる場合と、雑談をする場合とを比較して、どちらの場面でセルフタッチがより多く起こるかを観察した,すると前者のほうが、被験者の不安が高まり、圧倒的に多くのセルフタッチが起こることがわかったまた幼稚園における幼児の行動を観察した研究によると、幼児の指しゃぶりが増えるのは、幼稚園に入園したばかりのころや、何かを奪い合って負けたとき、叱られたとき、知らない人が部屋に入ってきたとき、母親と別れたとき、などであった。

高校に入ってからとか時

これらの場面は、要するにストレスや不安が高まった状態であることがわかるつまり、セルフタッチが多い人というのは、緊張したりストレスを抱えていたり、安定になりやすい人である、ということがうかがえる。
欲求不満で心が不嘘をつくときにも、人はセルフタッチをする。それは嘘をつくことによって、不安が高まるからだこの場合は独特の行動を示す。口を隠そうとするのだ。鼻を触ったり口の周りを手で擦ったりして、口を相手に見えないように遮ろうとするここで、嘘をつくのが上手な人と下手な人との違いについて、注目してみようこんな実験をしてみた。被験者が嘘をつく場合と本当の話をする場合とで、セルフタッチの度合いが異なるかについて検討したのだ。このとき、予め二百名ほどの学生にアンケート調査を実施して、的スキルの得点を測っておき、その高得点者と低得点者を被験者に選んだ社会社会的スキルとは、人とうまくやっていくための技術である。
母が言ったこのひと言でずいぶん

子どもが興味を示していないのに押

人は嘘をつくとき、相手に嘘が漏洩してしまう不安やストレスが高まり、セルフタッチが多くなるわけだが、社会的スキルが高い人はそれを相手に悟られないように、自分の行動をコントロールできるか否かについて調べたわけである実験では、日常場面で起こったできごとについて、1分程度の話をしてもらっ話をしてもらう場合と、嘘を盛り込んだ話をしてもらう場合を、それぞれビデオで撮影した。そしてそのビデオを後日、実験の目的を知らない人たちに評定してもらった。ビデオ評定の結果、社会的スキルが高い人も低い人も、本当の話をするときよりも嘘の話をするときの方が、セルフタッチは増加していた。従来の研究と同様、特に手で鼻や口に触る動作が増加していた。これは無意識のうちに手で口を覆い隠そうとしたり、あるいは緊張した口周辺を触って緩めようとして、自然に手が口元へいってしまうのだろう。
このとき、本当のまた、その増加の割合は、社会的スキルの低い人ほど高いこともわかった。
つまり、誰でも嘘をつくときには、セルフタッチの頻度は高くなるが、社会的スキルが低い人ほどその傾向が強いのだ。

教育すくなく

社会的スキルが高い人は、嘘をつくときには手の行動までも意図的にコントロール
しているので、セルフタッチはそれほど増えなかったわけだ。
余談になるがこの実験から、嘘を上手につくためには、手の動きにまで十分に注意を払うことが重要であることもわかる。ただし、手に細心の注意を払ってうまくコントロールしたつもりでも高まったストレスは、発散のために他の手段を探すだろう。
そこで次に、いろいろなしぐさについてもみてみることにしよう。
矛盾したしぐさに現われる本心
子どもが嘘をつくと、大人にはすぐにバレてしまう。
それは、すぐにもじもじしたり、視線を合わせなかったりして、不安な気持ちがしぐさや行動に現われやすいからだ。また、嘘をつかなくても親に隠しごとがあったりする場面でも同じだ。
母親の姿をイメージさせてきました。

子育てにおいて

心が不安定になっているのがすぐにわかる心理学の実験でみると、こういうときには、頭から離れた部位ほど、不安定な心が表出されやすいよたとえば顔の表情など、人に見られる部位というのは、平静を装ったり笑顔を繕ったりする。
バレないように一生懸命コントロールする。
しかし、手や足というように、人の目に触れにくい部分には本心が現われやすい足をぶらぶらさせたり、貧乏ゆすりをしたり、しきりに足を組み替えたりする。女性の場合には、手の指で髪にしきりに触れたり、指いじりをしたり、というしぐさもよく見られる。

    1. 子どもの発達に合った手直しは必要ですね。
    1. 母親の考えとはとことん喰い違っている
    1. 先生に担任してもらえたのである。