子どもはちやほやされるばかり。

母親も教師

子供の気持ち
顧客や社会が求めているものを皮膚感覚でも確実に把握しているのだ。自社の属する業界以外のことにも詳しこの卓越した皮膚感覚をもつ人は、自分自身への相当な支出を惜しまない。
るための支出だけでなく、身体を磨くための支出であるそれは単に情報を収集す毎朝のジョギングを欠かさなかったり、ヨーガを習ってみたり、週末に山に出かけて違う空気に浸ってみたりする、といったことだ。頭だけでなく身体も同じように鍛える。筋力アップのためではなく身体感覚、とりわけ皮膚感覚を鍛えるための努力をしているのである。皮膚感覚を自分を守る鎧にするのではなく、世の中を感じとるための精度のよいアンテナにしているのだこうした皮膚感覚を磨くためには、ふだんとは違う行動を起こすことが何よりも大切だと思う。
教育の実践をどのようにしたらよいかについて

先生がそう言ってたの。
休日に、ふだん行くことのない美術館やコンサートにふらりと出かけてみる。あるいは、面倒だと思っても、仕事の現場に赴いてそこにいる人と一緒の空気を吸う。歩いて筋肉を使うことで、皮膚の血流も活発になり、感覚も鋭敏になるだろう。多くの発見や発明が、歩きながら考えているときにひらめいたというのも周知の事実だもしくはてっとり早く、毎朝、その日の気温と湿度を温湿度計を見ずに当ててみる。その日の天気を自分の肌の感覚を頼りに予想してみる。このような些細なことで、皮膚感覚は徐々に鍛えられてくる。
まずは、考える
のではなく体で感じる
ことなのである
皮膚の判断は頼りになるもの前出の神経心理学者のダマシオは、一九九四年、大脳の前頭葉に損傷を受けた人たちの行動や心理状態についての研究をまとめている彼らの行動の特徴を心理テストで調べてみると、その論理能力や注意力、記憶力などは、健常な人たちと比べて一切劣るということはなかった。しかし感情はいたって平坦で、無感情であり、意思の決定に困惑するというものだった。

父親に言われた一九七二年ごろ

このため、一見すると普通なのであるが、日常生活に不都合があり、正規の就業ができなかったりするのだダマシオによれば、たとえばある状況で将来を予期して行動を選択意思決定しなければならないとき、無数にある選択肢から一つを選ぶ作業は、知的判断がなされる前に、直感的にある程度選択肢を狭めることができないと、不可能であるという。
この直感は、その場の状況で感じられる気分や感情に基づくものに他ならない。だから、感情に不全のある前頭葉の損傷者は、日常生活で意思の決定に困難を示すのだ。すべての選択肢を一つ一つ理屈で判断しようとしても、とてもできるものではない。過去の経験をもとにして、あるいは初めて遭遇する状況でも、直感で判断しなければならないのだ。
直感で判断したことというのは、案外正しいものが多い。直感というのは、皮膚や内臓から生み出されてくる感覚なのだと思う。感覚器官としての皮膚、あるいは内臓としての皮膚の感性を磨き、判断や意思の決定の際の、信頼に足る良き僕として、鍛錬するのだ。
小学校入学直前の春休みに買ってあげたものです

体験をくぐっ川添恭子の親

前出の博報堂生活総合研究所が十年前に行なった調査をもう一度みてみる。
商品を購入するか、という消費動向を探るための調査だどの五感をはたらかせてすると、人数の割合としては、ふだんモノを購入するとき、視覚的な直感をはたらかせている人が圧倒的に多く、逆に最も少ないのが触覚だった。さらに、五感の中でもし1つを失うとしたら、どれを選ぷかという質問には、触覚の選択人数が最も多かった。
しかし逆に、最も軽んじられている触覚を鋭くすると、それがほかの感覚にも波及して、その感覚を鋭くする、というデータも、同じ博報堂の調査で出ている。

中学生がよく吸うと聞いている。

そして、触覚が鈍い人は、触覚は安全に暮らしていくために必要なものという程度にしか感じていないのに対して、触覚が鋭い人は触覚は文化的·創造的な暮らしのために必要であると感じている。多くの人にとって、五感の中で最も鍛える余地があるのが、触覚だといえよう。
実際、触覚が鋭い人と視覚が鋭い人の特徴はどのように違うだろうか視覚が鋭い人の特徴は、デザインにこだわり常にコーディネートにこだわり
衝動買いが多い
という特徴をもつ。それに対して触覚が鋭い人は、世の中運よりも努力であると考え、暮らし方をしており、また計画的に買い物をしているという堅実な性格の人が多い。

シンプルなこれは、視覚優位の人は、モノに触れないで、表面的な好き嫌いで判断することが多いのに対し、触覚の鋭い人は、何にでも触れて確かめないと気がすまない性格から、手間がかかってもゆっくり着実に判断する、という性格の違いが現われているように思われる。
母さんのやっていることが見本となります。

母さんになんにも言えなかった。

だから、視覚優位の人は、触覚の鋭い人の生き方を参考にしてみること、逆に触覚が優位な人は視覚の鋭い人のライフスタイルを摂り入れてみることで、それぞれ自分の五感の中のとなっている感覚に光をあてることができ、それを磨くことが可能になるだろう。
なでなでは心を癒す触れるだけで心拍数が下がる最後に、スキンシップの持つ癒し
の効果について、見てみよう。
スキンシップは、体の、そして心の痛みを癒すために、たいへん有効であることが誰でも不安やストレスを感じたとき、人からぎゅっと抱きしめられたり、わかるはずだ背中を優しくなでてもらったことで、落ち着きを取り戻した、という経験があるだろう。

    1. 子どもは感覚がマヒして
    1. 母であるあなたはびっくり仰天して
    1. しつけの基本に係わる