子どもは自分のものだと考えています。

教育はやさしいものです。

全然ダメです。
世間全体から見れば、むしろへとくに技術や開発の分野ではそうです。
五流だったりする。
会社の中でいくら優秀だといっても、世界的に見たら、四流しかし、その企業自体の価値観というものがありますから、世界全体から見るとものすごいことであっても、その企業にとっては、その価値を認められないというものもある。
逆に、世界的に見たら大したことはないけれども、その企業にとっては価値のあるものもある。ですから、何も企業に自分の価値観を無理矢理合わせろとは言いませんが、企業の価値観と自分の価値観が合っていなかったら、無意味なのです。
子どもに語ってやろう。

成績をあげている

うちのレストランはこういう味をベースにしているのだということを、いるわけです。その味の範囲内で、自分の能力を発揮できるという人は、なる。
企業ははっきりと打ち出してこの会社に来てくださいとしかし、根本的にうちの店が昆布だしをベースにしているのに、ジャコだしに替えるのだと言ったらそれは無理です。その人が社長になって替えるということはあるかもしれませんが、現状では不可能です。ではどうすればいいのか。それは無駄な抵抗なのだから、ジャコだしを出している料理屋に行きなさいとなります。
クラシックバレエで勝負している劇場に、ジャズダンスの人を持ってきて、いくらそれが世界一流だと言ったところで、何の意味があるのかということです。うちはクラシックバレエの舞台と監督をそろえているのだから、お前はジャズダンスで勝負,している舞台に行きなさい、ということになるわけです。
それがいやならやめろ!
の精神です。
評価されるというのは、そういうことなのです。

 

母親が過保護になる傾向がある。

人間の能力もお金で価値判断される時代になった

社員に聞いた話ですが、友人の息子さんがある居酒屋でアルバイトしているそうですが、その店では注文を受けると喜んで!と言うそうです。元気に喜んで!と言うと、時給が100円増えるそうなんです。弱々しく喜んでですと、やっぱり時給は決められたとおり。だからその店の従業員は、元気に喜んで!と嫌でも言うようになって、友人の息子さんは、家でも何かそういう雰囲気になってきたといいます。
私は、これは新しいお金に対する考え方、エピソードだと思います。
つまり精神をお金に換えて励みにするという、おもしろい日本人というのは、お金のことを言うと嫌がりますけども、お金というものも幸福を得る一つの手段であるという価値観がある限り、お金に対してどう対処するかということは大切なことです。
母さんは大喜び。勉強し合い意識を高め合うことが大切です。お小遣いにも通じますし、お金を通じた親子とか企業とか友人関係、これが、いま非常に問われているような気がするんですビジネスにおける人間の国際価値なんていうのは、やはり金で判断されます。もしアメリカが標準価格だとしたら、お前の年俸は10万ドルいくのか、五万ドルなのかで、それを円とドルの為替レートで換算して日本に持ってきたときに、年俸1000万円が向こうの八万ドルとすれば、お前、国際標準より高いじゃないかもっと仕事をするか、月給を安くするか、これは一つの価値判断となる。お金というのが基準になってます。
おもしろく仕事をしてくれた人に対して、ボーナスをたくさんあげますということは当然、お金に換算して評価してることになると思います。
考え方をこれからは、すグローバルスタンダードの時代、子どもたちはとくに国際時代に直面することになりま子どもたちの多くが外国に行って住めば、日本にある先祖代々のお墓も風化して行く、つまり地縁血縁がなくなるということが国際社会のひとつの象徴でもある。

    1. 勉強なんてものもいのって腹立つ。
    1. 子ども同士には環境の差が歴然としてある。
    1. 子どもに対する効果は確実に見うけられたのだ。

大学時代に知りあって結婚

かといって逆に、能力があれば国際価格で非常に伸びていくという、こういう一つの大きな変革期に来ているときの教育というのも、グロルスタンダードで考え直すことが大切です。
家族というものは確かに変わってきています。私は、わりあいアメリカへ行くことが多いのですが予想に反して、アメリカではすごく先祖のことを話す。先祖と言ってもアメリカの歴史は新しいのでせいぜい、じいちゃん、ひいじいちゃんぐらいまでです。セピア色になった写真を飾って、それこそ南北戦争のときにどうしたとか、うちのじいさんは、州がまだ少ないときの何やら州の医者をやって、大統領が来たときに事故があって、その大統領を助けたんで勲章をもらったとか、とにかくひとしきりどこへ行っても最初の何十分かは聞かされるんです。
私は、アメリカ人の家族というのは、案外淡々としてるのかなと思ったら、結構温かいんです。
子育ての時間がありすぎる
母さんの手に負えなく

育てるための三カ条過保護と溺愛を改める

彼らは非常に個人主義であり、家族なんか縦社会の横っちょにあるだけかと思っていると、案外そうでもないんですですから日本人も、一時的には、墓がどうだとか、家族がどうしたとか、そんなもん、関係ねえという時代もあるかもしれないけれど、だんだんまた、そういうものが動物的に必要になってくるんじゃないかと思っているんです。
墓を大事にしないといけないとか、家族を守らないといけないとかが問題になっていますが、日本の家族の代表的な現象として夫婦別姓があります。ちょっとハイカラ的な考えで言うと、どっちの姓で名乗るといいとか、別姓でもいいじゃないかというのは、一つのはやりみたいなものでしょうけど、結局アメリカでは、ほとんど旦那の姓を名乗っています。