才能や素質をじゅうぶんに発揮

子供に何かおねだりされて

先生がたは非難するけれどもそれ以前に親がす
人は誰かと触れたいものなのだ。
もともと不安なときには、実験が行なわれたアメリカのスワ-スモア大学ではこんな被験者の大学生たちは最初は真っ暗な部屋に連れていかれ、そして次に明るい部屋に連れていかれた彼らは皆、初対面であったが、真っ暗な部屋では九割以上の学生が互いに触れ合い、約半数は抱き合ってさえいた。しかし、明るい部屋に行ったときに、そのようにした者は皆無であった。明るい部屋では不安がないため触れ合うことはなかったのである私たちも、が多いたとえばお化け屋敷や暗い夜道などの不安を感じる場所では、思わず互いに触れ合うことこれを逆に考えると、不安やストレスを感じている人に触れてあげるだけで、それを癒すことができるというわけである。たとえば病院で看護師が患者に触れると、患者の不安を低下させることができる実際、次のような実験も行なわれた。手術を前にした患者に、これから行なわれる手術の説明をする際に、患者の手に触れる場合と触れない場合とで、患者の不安の程度を比較したのだ。
母が言ったこのひと言でずいぶん

子どもたちがわたしのことをどう考えている
するとほとんどの患者は、看護師からの身体の接触を肯定的に受け取り、心拍や血圧を下げてリラックスすることができこのように、手術を前にした患者に対しては、体に触れることで不安を拭ってあげることが有効であるこれに対してターミナルケア終末医療の現場では、患者は目の前に迫った死と直面している。その不安に怯え、恐怖心と闘っている。そんなときにもやはり、最も意味のあるコミュニケーションはただ患者の身体に触れることである。言葉はいらない。ただ手を握ったり、背中をさすってあげるだけでいい。患者は触れられることで共感されていることを感じ、支えられている、励まされている、といったメッセージを受け取っている。

いじめたらそれで君の気は晴れるのだと思う?

癒しの手は、相手の手をじっと握ったり、抱きしめたりする。不安な人を安心させ、落ち込んでいる人を元気づけ悩める人に共感する。薬のように特異的に作用するのではなく、言葉のようにストレートに作用するわけでもなく、じわじわと体に染み込んでいくような効き方だ。だから癒しの手に触れられた人は、その手の温もりが身に染みるのである問題は解決できなくても、問題に立ち向かう勇気を与え、一人では解決できないことに対して、立ち向かおうと支持を与える。生きる力を陰で支えているのだ。
母さんのやっていることが見本となります。

母親は心配して

共にあの有名なマザー·テレサが、捨て子や死を待つばかりの路上生活者を収容し介護しているとき、必ずひとりひとりの赤ん坊に頬ずりし、病める老人の手を両手で温かく包んで語りかけていたのを、記憶している人も多いだろう。人々は彼女のあの深いシワを刻んだ頬に、荒れた手のひらに、どれだけの救いと温もりを感じ、安堵したことだろうか。
自分で触れても癒せない次に皮膚への刺激がなぜ心を癒すのか、もう少し詳しくみていこう。
一九七四年、生理心理学者のジェームズ·リンチ博士らは、心臓病冠動脈疾患の患者の腕に触れて脈をとると、即座に心拍が下がり、そのリズムも安定することを発見した16。そしてこの効果は外傷を負って意識を失い、人工呼吸を受けていた患者にもみられた。意識のない患者でも、看護師が手を握ることで、一分間に三十も心拍が降下したのである。

母さんは見逃さないで上手に導いてあげてください。

このように、触れることが、意識のない、あるいは、はっきりしない患者に対してもリラックスさせる効果があるというのは、何を意味しているのだろうかこの患者はおそらく、触れられることによるメッセージがんばってなどを言語レベルでははっきりとは受け取っていないはずだ。それにもかかわらずリラックスの反応が現われるということは体そのものが肌の接触に対して反応しているということを証明している。
ここでもう一度、ジェームズランゲ説を思い出していただきたい。身体の末梢で起きたできごとから感情が変わるというあの説である。
子どもなりお手伝いさんか誰かが代行して

子どもに対して最大な侮辱であ

皮膚への刺激が感情に影響を与えるというあの説は、やはり本当だと思えてくるだろう。
ところで、このように、皮膚への刺激そのものにリラックスの効果があるならば、自分で自分に触れたとしても同様の効果がみられるはずだ。先ほどのセルフタッチについての記述とも重なってくるのだが、自分で触れることによる癒しの効果はどれほどのものであろうか。
心理学者のヴィンセント·ドレッシャーらは一九八○年、この問題に答えるため、次の実験を行なった実験では、他の人が触れる場合と、皮膚への接触刺激そのものの効果を測るためにセルフタッチをする場合とで、心拍に及ぼす影響に違いがあるかを比較した。

    1. 母親たちが集まってよく問題にする
    1. 子供だったらどうするかと考え
    1. 子育ては親